柔道整復師国家試験合格する為の過去問題集

柔道整復師の過去問題を、教科別・年代別・必須別にまとめました。柔道整復師の免許を取るために過去問題で勉強しましょう。

年代別 第4回

第4回柔道整復師国家試験過去問題:午前1~50

2016/09/15

1 動脈血が流れる血管はどれか。

1. 腕頭静脈
2. 肺静脈
3. 門 脈
4. 奇静脈

 

 

 

 

2

 

スポンサーリンク


 

2 正しいのはどれか。
1. 右気管支は左気管支より太い
2. 左肺は3葉である
3. 肺の栄養血管は肺動脈である
4. 胸膜は粘膜である

 

 

 

 

 

 

1

 

 

3 腹膜後器官はどれか。

1. 膵 臓
2. 肝 臓
3. 脾 臓
4. 胃

 

 

 

 

 

1

 

 

4 正しいのはどれか。

1. 腎小体をネフロンという
2. 尿管には弁がある
3. 膀胱の筋層は平滑筋である
4. 尿道括約筋は外尿道口にある

 

 

 

 

 

3

 

 

5 視覚伝導路の中継核はどれか。

1. 線条体
2. 台形体
3. 赤 核
4. 外側膝状体

 

 

 

 

 

4

 

 

6 誤っているのはどれか。

1. クモ膜は硬膜と軟膜との間にある
2. 脳室の脈絡叢は髄液をつくる
3. 錐体外路は知覚の伝導路である
4. 脳神経は末梢神経である

 

 

 

 

 

3

 

 

7 正しいのはどれか。

1. 副神経は頸神経叢から分枝する
2. 横隔神経は胸神経から分枝する
3. 坐骨神経は骨盤神経叢から分枝する
4. 尺骨神経は腕神経叢から分枝する

 

 

 

 

4

 

 

8 正しいのはどれか。

1. 水晶体はカメラのレンズに相当する
2. 蝸牛は平衡覚に関与する
3. 味覚は舌下神経に支配される
4. 視神経乳頭は視力が最もよい

 

 

 

 

 

1

 

 

9 乳突蜂巣が存在するのはどれか。

1. 篩 骨
2. 上顎骨
3. 蝶形骨
4. 側頭骨

 

 

 

 

 

4

 

 

10 顔面神経の支配を受けるのはどれか。

1. 側頭筋
2. 頬 筋
3. 咬 筋
4. 外側翼突筋

 

 

 

 

 

2

 

 

11 肘関節にないのはどれか。

1. 蝶番関節
2. 楕円関節
3. 球関節
4. 車軸関節

 

 

 

 

 

2

 

 

12 誤っているのはどれか。

1. 鼠径靱帯は上前腸骨棘と恥骨結節との間にある
2. 鼠径靱帯は鼠径溝の下にある
3. 鼠径靱帯と寛骨との間に筋裂孔がある
4. 鼠径靱帯と寛骨との間に鼠径管がある

 

 

 

 

 

4

 

 

13 斜角筋隙を通過するのはどれか。

1. 鎖骨下動脈
2. 腋窩動脈
3. 椎骨動脈
4. 腕頭動脈

 

 

 

 

1

 

 

14 正しいのはどれか。

1. 卵巣は中腔性器官である
2. 卵巣は皮質と髄質とからなる
3. 卵胞は髄質にある
4. 卵細胞は黄体内にある

 

 

 

 

2

 

15 大脳半球の中心溝はどこにあるか。

1. 前頭葉と頭頂葉との間
2. 頭頂葉と側頭葉との間
3. 後頭葉と頭頂葉との間
4. 側頭葉と後頭葉との間

 

 

 

 

1

 

 

16 中胚葉から分化するのはどれか。

1. 神経細胞
2. 肝細胞
3. 骨格筋細胞
4. 表皮の上皮細胞

 

 

 

 

 

3

 

 

17 椎骨にあるのはどれか。

1. 上関節突起
2. 茎状突起
3. 烏口突起
4. 鈎状突起

 

 

 

 

1

 

 

18 関節半月があるのはどれか。

1. 肩関節
2. 股関節
3. 足関節
4. 膝関節

 

 

 

 

4

 

 

19 橈骨手根関節の関節面を構成する組合せはどれか。

1. 舟状骨、月状骨、豆状骨
2. 月状骨、三角骨、豆状骨
3. 舟状骨、月状骨、三角骨
4. 舟状骨、三角骨、豆状骨

 

 

 

 

 

3

 

 

20 器官の配列で正しいのはどれか。

1. 胃 ――→ 十二指腸 ―→ 回腸 ―→ 空腸
2. 鼻腔 ―→ 喉頭 ―――→ 咽頭 ―→ 気管
3. 腎臓 ―→ 尿道 ―――→ 膀胱 ―→ 尿管
4. 精巣 ―→ 精巣上体 ―→ 精管 ―→ 尿道

 

 

 

 

 

4

 

 

21 脈管について誤っているのはどれか。

1. 左総頸動脈は大動脈弓から出る
2. 肝静脈は下大静脈に注ぐ
3. 胸管は右の静脈角に注ぐ
4. 肺動脈は右心室から出る

 

 

 

 

 

3

 

 

22 一対の頭蓋骨はどれか。

1. 後頭骨
2. 下顎骨
3. 頭頂骨
4. 鋤 骨

 

 

 

 

 

3

 

 

23 神経系の伝導路について誤っているのはどれか。

1. 錐体路は下行性である
2. 視覚路は下行性である
3. 痛覚路は上行性である
4. 嗅覚路は上行性である

 

 

 

 

 

2

 

 

24 腹膜腔に開口しているのはどれか。

1. 子 宮
2. 腟
3. 陰 核
4. 卵 管

 

 

 

 

4

 

 

25 誤っているのはどれか。

1. 真皮は密線維性(強靭)結合組織である
2. 皮下組織は疎線維性結合組織である
3. 大汗腺は全身の皮膚にある
4. 爪は表皮が変形したものである

 

 

 

 

 

3

 

スポンサーリンク



 

26 脊髄神経について誤っているのはどれか。

1. 頸神経は7対である
2. 胸神経は12対である
3. 腰神経は5対である
4. 仙骨神経は5対である

 

 

 

 

 

 

1

 

 

27 消化管について誤っているのはどれか。

1. 回腸には集合リンパ小節がある
2. 結腸には輪状ヒダがある
3. 直腸肛門部には静脈叢が多い
4. 胃の大弯には大網がついている

 

 

 

 

 

2

 

 

28 体表から触れるのはどれか。

1. 内肋間筋
2. 胸鎖乳突筋
3. 腹横筋
4. 大腰筋

 

 

 

 

 

2

 

 

29 内分泌腺はどれか。

1. 前立腺
2. 顎下腺
3. 甲状腺
4. 大前庭腺

 

 

 

 

 

3

 

 

30 細胞のエネルギー産生に関与するのはどれか。

1. 中心小体
2. ミトコンドリア
3. 小胞体
4. ゴルジ装置

 

 

 

 

 

 

2

 

 

31 溶血を誘発する因子で誤っているのはどれか。

1. 蛇 毒
2. アシドーシス
3. 細菌毒素
4. 低張液

 

 

 

 

 

2

 

 

32 血液が運搬しないのはどれか。

1. インパルス
2. 栄養素
3. 血液ガス
4. 体 熱

 

 

 

 

 

1

 

 

33 呼吸運動の反射性調節で誤っているのはどれか。

1. 血圧上昇による抑制
2. 気道粘膜刺激による咳
3. 痛み刺激による促進
4. 鼻粘膜刺激によるくしゃみ

 

 

 

 

 

1

 

 

34 誤っている組合せはどれか。

1. ビタミンA ―― 上皮組織の角化形成
2. ビタミンE ―― 精子の形成
3. ビタミンB6 ―― 糖代謝に関与
4. ビタミンD ―― Ca2+代謝に関与

 

 

 

 

 

3

 

 

35 尿細管で選択的に再吸収されるのはどれか。

1. 尿 素
2. 硫酸塩
3. 尿 酸
4. ブトウ糖

 

 

 

 

 

4

 

 

36 神経線維の機能について正しい組合せはどれか。

1. Aα ―― 触圧覚
2. Aβ ―― 自己受容
3. Aγ ―― 筋紡錘の感度調節
4. Aδ ―― 味 覚

 

 

 

 

3

 

37 脳波について誤っている組合せはどれか。

1. α波 ―― 閉眼安静時
2. β波 ―― 精神活動時
3. θ波 ―― 麻酔時
4. δ波 ―― 深睡眠時

 

 

 

 

 

3

 

 

38 副交感神経性の自律神経反射で正しいのはどれか。

1. 縮 瞳
2. 心拍数増加
3. 乳汁分泌
4. 射 精

 

 

 

 

 

1

 

 

39 細胞内液の代表的陰イオンはどれか。

1. 硫酸イオン
2. リン酸イオン
3. 重炭酸イオン
4. 塩素イオン

 

 

 

 

 

2

 

 

40 赤血球の産生調節に関与するのはどれか。

1. エリスロポエチン
2. フィブリノゲン
3. トロンボプラスチン
4. プラスミノゲン

 

 

 

 

 

1

 

 

41 安静呼息時について正しいのはどれか。

1. 横隔膜沈下
2. 胸腔内陰圧の増加
3. 肋骨挙上
4. 胸郭縮小

 

 

 

 

 

4

 

 

42 精神性発汗が起こらないのはどれか。

1. 手 掌
2. 額
3. 腋 窩
4. 足 底

 

 

 

 

 

2

 

 

43 排便反射の誘発について誤っているのはどれか。

1. 結腸の強い蠕動
2. 腹圧の上昇
3. 骨盤神経求心路の興奮
4. 直腸壁の伸展

 

 

 

 

 

2

 

 

44 遠位尿細管でのナトリウムイオンの再吸収を促すのはどれか。

1. アルドステロン
2. バゾプレッシン
3. レニン
4. アンギオテンシン

 

 

 

 

 

1

 

 

45 視床下部ホルモンによる分泌抑制を受けないのはどれか。

1. メラニン細胞刺激ホルモン
2. プロラクチン
3. 成長ホルモン
4. 甲状腺刺激ホルモン

 

 

 

 

 

4

 

 

46 横紋筋線維について正しいのはどれか。

1. 明るい部分をA帯という
2. 暗い部分をI帯という
3. I帯の中央にZ帯がある
4. 収縮すると明るい部分が増加する

 

 

 

 

 

3

 

 

47 ブトウ糖の細胞内代謝について誤っているのはどれか。

1. TCAサイクルを経過する
2. 解糖過程は酸素を必要とする
3. 電子伝達系でATPが生成される
4. 1分子のブドウ糖から6分子のCO2が生じる

 

 

 

 

 

2

 

 

48 血液pHの調節に関与しないのはどれか。

1. 肺でのガス交換
2. 血漿重炭酸塩
3. 腎臓での尿生成
4. 肝臓でのビリルビン生成

 

 

 

 

4

 

 

49 体熱の産生に関与しないのはどれか。

1. 甲状腺ホルモンの作用
2. 褐色脂肪組織の代謝
3. 温熱性発汗
4. 皮膚血管の収縮

 

 

 

 

 

3

 

 

50 安静時のクリアランスの値がゼロを示すのはどれか。

1. 尿 素
2. ブドウ糖
3. クレアチニン
4. アンモニア

 

 

 

 

2

-年代別, 第4回
-