柔道整復師国家試験合格する為の過去問題集

柔道整復師の過去問題を、教科別・年代別・必須別にまとめました。柔道整復師の免許を取るために過去問題で勉強しましょう。

年代別 第3回

第3回柔道整復師国家試験過去問題:午前1~50

2016/09/15

1 外胚葉由来の組織はどれか。

1. 筋組織
2. 神経組織
3. 骨組織
4. 結合組織

 

 

 

 
2

 

スポンサーリンク


 

2 有糸分裂に関与するのはどれか。

1. 中心小体
2. リポフスチン
3. 小胞体
4. 核小体

 

 

 

 

 

 

1

 

 

3 成人の頭蓋骨と数との組合せで正しいのはどれか。

1. 頭頂骨 ―― 1個
2. 篩 骨 ―― 1個
3. 鼻 骨 ―― 1個
4. 蝶形骨 ―― 1個

 

 

 

 

 

 

2・4

 

 

4 骨の構造について誤っているのはどれか。

1. 骨基質は層板を形成する
2. 骨細胞は骨小腔の中にある
3. ハバース管には神経が通る
4. 骨膜は骨を新生する

 

 

 

 

 

 

3

 

 

5 骨について誤っているのはどれか。

1. 膝蓋骨は種子骨に属する
2. 成人の大腿骨骨幹は黄色骨髄である
3. 上腕骨骨頭は骨膜に覆われている
4. 環椎は椎体が欠如する

 

 

 

 

 

3

 

 

6 長骨の長軸成長に直接関与するのはどれか。

1. 骨 幹
2. 骨幹端
3. 骨端軟骨
4. 骨 端

 

 

 

 

 

3

 

 

7 関節腔内にないのはどれか。

1. 線維性関節包
2. 関節内靭帯
3. 滑膜ヒダ
4. 関節半月

 

 

 

 

 

1

 

 

8 一軸性関節はどれか。

1. 球関節
2. 楕円関節
3. 蝶番関節
4. 鞍関節

 

 

 

 

 

3

 

 

9 体幹から起こり上腕骨に停止する筋はどれか。

1. 大胸筋
2. 小胸筋
3. 僧帽筋
4. 菱形筋

 

 

 

 

 

1

 

 

10 胸鎖乳突筋について誤っているのはどれか。

1. 胸骨と鎖骨とから起こる二頭筋である
2. 側頭骨の乳様突起に停止する
3. 一側が働くとその側に頭を回旋する
4. 副神経と頚神経叢の筋枝とが支配する

 

 

 

 

 

3

 

 

11 上腕二頭筋を支配するのはどれか。

1. 筋皮神経
2. 尺骨神経
3. 正中神経
4. 橈骨神経

 

 

 

 

 

1

 

 

12 成人の骨数で正しい組合せはどれか。

1. 頚 椎 ―― 6個
2. 腰 椎 ―― 5個
3. 肋 骨 ―― 11個
4. 足根骨 ―― 8個

 

 

 

 

 

2

 

 

13 上肢帯の筋の働きで正しいのはどれか。

1. 三角筋は上腕を外転する
2. 棘上筋は上腕を内転する
3. 小円筋は上腕を内旋する
4. 肩甲下筋は上腕を外旋する

 

 

 

 

 

1

 

 

14 閉鎖孔をとりかこむ骨はどれか。

1. 坐骨と恥骨のみ
2. 腸骨と坐骨のみ
3. 恥骨と腸骨のみ
4. 腸骨と恥骨と坐骨

 

 

 

 

 

1

 

 

15 膝関節の構成に関与しないのはどれか。

1. 脛 骨
2. 腓 骨
3. 大腿骨
4. 膝蓋骨

 

 

 

 

 

2

 

 

16 心臓に出入りする血管について正しいのはどれか。

1. 大動脈は右心室から出る
2. 肺動脈は左心室から出る
3. 肺静脈は右心房に入る
4. 下大静脈は右心房に入る

 

 

 

 

 

 

4

 

17 脈管の走行について正しいのはどれか。

1. 左右の冠状動脈は大動脈弓より出る
2. 冠状静脈洞は左心房に開く
3. 脾静脈は門脈に注ぐ
4. 胸管は奇静脈に入る

 

 

 

 

 

 

3

 

 

18 消化管について誤っているのはどれか。

1. 空腸には孤立リンパ小節がある
2. 盲腸には輪状ヒダがある
3. 上行結腸には腹膜垂がある
4. 横行結腸には腸間膜がある

 

 

 

 

 

 

2

 

 

19 誤っているのはどれか。

1. インスリンは膵管を通る
2. 総胆管は十二指腸に開口する
3. 小腸壁の筋は平滑筋である
4. 十二指腸は腹膜後器官である

 

 

 

 

 

 

1

 

 

20 肺について誤っているのはどれか。

1. 右肺は3葉に分かれる
2. 肺門は肺胸膜に覆われる
3. 肺動脈は機能血管である
4. 肺底は横隔膜の上にのっている

 

 

 

 

 

 

2

 

 

21 肺の栄養血管はどれか。

1. 内胸動脈
2. 椎骨動脈
3. 肋間動脈
4. 気管支動脈

 

 

 

 

 

4

 

 

22 泌尿器について正しいのはどれか。

1. ネフロンは糸球体とボウマン嚢とからなる
2. 女性では尿管は尿道より短い
3. 右腎臓は左腎臓より低位にある
4. 尿道括約筋は外尿道口にある

 

 

 

 

 

 

3

 

 

23 精巣に直接続くのはどれか。

1. 精 管
2. 精巣上体
3. 射精管
4. 精 嚢

 

 

 

 

 

 

2

 

 

24 神経系について誤っているのはどれか。

1. 運動神経は骨格筋に分布する
2. 錐体路は随意運動の伝導路である
3. 脳神経は中枢神経である
4. 脊髄神経は末梢神経である

 

 

 

 

 

 

3

 

 

25 脳幹に含まれないのはどれか。

1. 延 髄
2. 中 脳
3. 橋
4. 嗅 脳

 

 

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク



 

26 脳神経について誤っているのはどれか。

1. 動眼神経は運動性である
2. 内耳神経は感覚性である
3. 迷走神経は混合性である
4. 舌下神経は感覚性である

 

 

 

 

 

4

 

 

27 皮膚について正しいのはどれか。

1. 表皮と真皮との2層からなる
2. 毛は表皮が変形したものである
3. 真皮は疎性結合組織からなる
4. 汗腺は表皮内にある

 

 

 

 

 

2

 

 

28 外眼筋を支配しないのはどれか。

1. 視神経
2. 動眼神経
3. 滑車神経
4. 外転神経

 

 

 

 

 

1

 

 

29 体表から触れないのはどれか。

1. 肩甲骨の肩峰
2. 上腕骨の内側上顆
3. 橈骨の茎状突起
4. 尺骨の鈎状突起

 

 

 

 

 

4

 

 

30 体表から触れるのはどれか。

1. 内肋間筋
2. 小殿筋
3. 腹横筋
4. 僧帽筋

 

 

 

 

 

4

 

 

31 ヒトの細胞核について誤っているのはどれか。

1. 二重膜で覆われる
2. 細胞分裂時に4分する
3. 染色質が散在する
4. DNAを含む

 

 

 

 

 

2

 

 

32 体液について誤っているのはどれか。

1. 細胞内液は体重の約40%を占める
2. 細胞外液の状態は内部環境とも呼ばれる
3. K+濃度は細胞内液より細胞外液の方が高い
4. 血漿は細胞外液の1つである

 

 

 

 

 

3

 

 

33 ABO式血液型について誤っているのはどれか。

1. 凝集原にはAとBとがある
2. メンデルの法則により遺伝する
3. A型の遺伝因子はAAまたはAOである
4. B型血液は凝集原Bと凝集素βとをもつ

 

 

 

 

 

4

 

 

34 ビリルビンについて誤っているのはどれか。

1. ヘモグロビンの分解産物である
2. 腸内細菌により還元される
3. 赤血球の酸素化を抑制する
4. 胆汁成分の一種である

 

 

 

 

 

3

 

 

35 心筋細胞について誤っているのはどれか。

1. 多核細胞である
2. ギャップジャンクションにより連絡する
3. 横紋構造を示す
4. 活動電位の持続時間が長い

 

 

 

 

 

1

 

 

36 心電図の第Ⅱ誘導の導出部位で正しいのはどれか。

1. 右手 ―― 左足
2. 右手 ―― 左手
3. 左手 ―― 左足
4. 右足 ―― 左足

 

 

 

 

 

1

 

37 心臓の刺激伝導系について誤っているのはどれか。

1. 特殊心筋からなる
2. 起始部は洞房結節である
3. 終末はプルキンエ線維である
4. ヒス束は心房中隔を通る

 

 

 

 

 

4

 

 

38 胸腔内圧で誤っているのはどれか。

1. 安静呼息時には陰圧度が減少する
2. 安静吸息時には陰圧度が増大する
3. 深吸息時には陽圧となる
4. 肺胸膜に穿孔が起こると大気圧に近づく

 

 

 

 

 

3

 

 

39 肺胞について誤っているのはどれか。

1. 内壁は呼吸上皮で覆われる
2. 球状の小胞である
3. 内壁の自発的運動により伸縮する
4. ガス交換を行う

 

 

 

 

 

3

 

 

40 体熱産生に直接関与しないのはどれか。

1. 特異動的作用
2. ふるえ
3. 基礎代謝
4. 発 汗

 

 

 

 

 

4

 

 

41 血糖調節に関与しないのはどれか。

1. アドレナリン
2. グルカゴン
3. サイロキシン
4. セクレチン

 

 

 

 

 

4

 

 

42 脳相の胃液分泌調節で誤っているのはどれか。

1. ガストリンによる
2. 味覚刺激による無条件反射である
3. 迷走神経を介する
4. 聴覚刺激による条件反射である

 

 

 

 

 

1

 

 

43 胃液について誤っているのはどれか。

1. セクレチンにより分泌が促進される
2. 塩酸は壁細胞から分泌される
3. ペプシンは蛋白質を分解する
4. ビタミンB12の吸収に必要な内因子を含む

 

 

 

 

 

1

 

 

44 腎機能と調節ホルモンとの組合せで誤っているのはどれか。

1. 水の再吸収量 ――――― バソプレシン
2. ブドウ糖の再吸収量 ―― インスリン
3. Na+の再吸収量  ――― アルドステロン
4. 細胞外液量 ―――――― レニン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

45 副腎皮質ホルモンについて誤っているのはどれか。

1. 細胞質内に受容体がある
2. コレステロールの合成を促進する
3. ステロイド型ホルモンである
4. 受容細胞内のDNAを活性化する

 

 

 

 

 

2

 

 

46 インスリンの働きでないのはどれか。

1. グリコーゲンの合成
2. 蛋白質の合成
3. 脂肪から糖への転化
4. 細胞内への糖の取り込み

 

 

 

 

 

3

 

 

47 ホルモンの働きについて誤っている組合せはどれか。

1. オキシトシン ―― 乳汁排出促進
2. サイロキシン ―― 血漿中Ca2+濃度増加
3. アドレナリン ―― 心拍出量増加
4. コルチゾール ―― 糖新生促進

 

 

 

 

 

2

 

 

48 ニューロンの膜電位について誤っているのはどれか。

1. 膜内外のイオン分布の相違により生じる
2. 静止電位はK+の平衡電位に近い
3. 活動電位の脱分極相はNa+の細胞内流入による
4. 活動電位の再分極相はCa2+の細胞外流出による

 

 

 

 

 

4

 

 

49 自律神経系の拮抗支配を受けるのはどれか。

1. 汗 腺
2. 胃
3. 立毛筋
4. 唾液腺

 

 

 

 

 

 

2

 

 

50 筋緊張で誤っているのはどれか。

1. テタニーの別称である
2. 姿勢保持機能に関与する
3. 体温調節の産熱過程に役立つ
4. 単収縮の加重により生じる

 

 

 

 

 

1

-年代別, 第3回
-